防水性や耐熱性

近代的な家

屋根を構成する物は材質を含めて色々とあり更には地域の状況によっても進化して来ましたが、それらの中に食い込んで来たのが屋根塗装といったジャンルでもあります。また使われる塗料は進化を重ねています。

Read More...

自然の影響に耐えられる塗り壁はこちらにおまかせしてみませんか?紫外線や風雨からの被害を防いでいくことが出来ますよ。

メンテナンスを行う

白壁の家

屋根塗装を行うときには、劣化したタイミングで行うことが大切になります。タイミングが遅くなると、屋根塗装でなく、屋根の取替になってしまう場合もあります。定期的にメンテナンスを行いましょう。

Read More...

特殊な塗料で対応してくれる名古屋の塗装業者はコチラです。施工実績も豊富なので、まかせて安心ですよ。リフォームもご相談ください。

確認して選ぶ

小さい住宅の模型

住宅屋根のメンテナンスのひとつとして屋根塗装が挙げられます。 これらの工事が必要になってくるのは、新しく家を建ててから10年程度であるといわれています。使う塗料によって耐久性が異なります。

Read More...

住まいの基礎となる宅地造成工事をおまかせするなら、コチラの業者にしましょう!低コストで高品質な施工をしてくれます。

豪華な家

住まいの壁

庭の見えるカフェ

外壁塗装会社を大阪で探している人におすすめですよ。施工力から保証やアフターサービスまで比較してランキングで紹介しています。

名古屋で外壁塗装を利用しているお家は数多くあります。これはただ綺麗に見せるだけではなく、丈夫にする効果があります。

日本人には馴染み深い漆喰

日本で古くから用いられてきた塗り壁の素材として、もっとも知られているのは漆喰です。 漆喰は石灰岩を主な成分としていて、空気と触れることで固まる左官材料です。耐水性能が高く、防火性能や調湿性能にも優れているため、室内の壁や天井ばかりではなく、昔から城郭や、財産を守る土蔵の壁などにも用いられてきました。 ただ漆喰には、乾燥後の収縮率が高いためヒビが入りやすいという性質があります。それを防ぐためには、砂やスサを混ぜたり、塗り回数を多くしたりする必要があります。 こうした点で、クロス張りのような簡単な仕上げ材にくらべて、時間や手間がかかることもあり、近年では、住宅の塗り壁に用いられることが、あまりなくなってきていました。 しかし最近では、健康志向の高まりを受けて、自然な風合いや調湿効果などの性能が見直されるようになり、塗り壁に用いられるケースも増えてきました。

再評価が進む漆喰の性質

塗り壁の素材として有名な漆喰は、土蔵や城郭の白壁でお馴染みですが、顔料を混ぜて着色した色漆喰や、砂を混ぜた砂漆喰など、さまざまな種類があります。 また表面の仕上げも、平滑でやや光沢のある金ゴテ仕上げが多いのですが、木ゴテを使ったザックリとした仕上げや、スポンジ、ブラシ、刷毛、櫛などを使った多様な表現を楽しむことが出来ます。 漆喰のように石灰を主原料とした素材は、古くから世界各地で見られます。エーゲ海の島々などでは、伝染病が流行した際にその予防として塗られたという例もあるように、石灰はアルカリ性で殺菌効果があると言われています。 また、湿度が高くなると水蒸気を吸収し、低くなると放出するという、吸放湿性能が高いことでも知られています。 このようなバリエーションの豊富さと、性能の高さが見直され、塗り壁の素材として、あらためて人気を呼んでいます。